リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

2008年10月02日

夢をかなえるゾウ(読書感想)とドラマスタート

「夢をかなえる象」のガネーシャが成功する方法を教えてくれる。
130万部を売り上げる超ベストセラー小説 「夢をかなえるゾウ」 を読んでみた。

今日10/2 日テレ系で、小栗旬、水川あさみ、古田新太でドラマスタート。
 20:54〜2時間スペシャル(小栗旬主演) あなたの夢のかなえ方教えます
 23:58〜水川あさみ主演の連続ドラマ 初回は「モテる秘密」(主人公は女性)
たぶん、スペシャル版のほうが原作に近いのかな?

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ
posted with amazlet at 08.10.02
水野敬也
飛鳥新社
売り上げランキング: 20

ガネーシャとは、「夢をかなえる象」といわれる「成功と幸運」のインドの神様。
人間の身体に、片方の牙が折れたゾウの顔を持ち、4本の腕をもつインドの神様。

成功したいと思っているが中途半端ですぐにあきらめてしまう3日坊主の男の前に、
突然ガネーシャと名乗る象のかっこうをした神様(?!)が現れる。
「自分変りたいの?変りたいんやったらワシのいうことを聞いて実践するんや!」

本のジャンルとしては自己啓発、成功法則書、ビジネス本に属するのだろうけど。
関西弁でしゃべりまくるガネーシャの言葉がなんといっても面白い。
主人公の男とのボケとツッコミが上方漫才みたいで楽しい。
一話完結の話になっていて、29の話で小説風に進んでいくスタイル。
とにかく読み物として楽しく愉快で、引き込まれていく。
SFファンタジービジネス書というジャンルとでもいうのだろうか?(笑)

そして、その29の話が1日の課題となっており、それを実践してみましょうというような本。
課題といっても「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかり。
1日1話ずつ読んで実践すればよいのだれど、読んでいるとニヤリと笑ったり同感したりと、
ガネーシャと男のやり取りが面白いので、私は3時間ほどで一気に読んでしまった。
本の最後には文字通り「最後の課題」が3つ提示される。
そこだけは1日ずつ3日かけてゆっくり読んで実践するようにしてみた。

巷にあふれている小難しい成功法則書と違い、面白楽しく読めるのでおすすめです。
ガネーシャの言うとおりに課題をこなせば夢が叶うと信じて、実践してみましょう。

私も、ガネーシャの課題をもう一度一つ一つ読み直して実践しています。


誰にでも一日単位でできる超実践的な成功習慣を小説に織り込んだ、
世界初の成功エンタテイメント!

○著者:水野敬也
○出版社:飛鳥新社
○サイズ:単行本
○ページ数:357p
○発行年月:2007年8月29日


ちなみに「ガネーシャ」ってこんな>>ガネーシャ(インド、神様、象)



読書・勉強カテゴリのすべての記事を見る

posted by みゅーたろー at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107462743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事一覧

RSS表示パーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。